本の形とした記憶たち

台湾に戻って、本を片付けてたら、思い出深い一冊一冊にまた触れ合えた。

小学校の時に、「レディーはこれを読むべし」と言い、

Emmaと長くつ下のピッピをプレゼントしてくれた叔母さん。

Aと付き合い始めたばかりの時に、プレゼントしてくれた漫画。

一緒に暮らしている頃の、愛読していた兵法書。

話のネタになった、WoolfとPoe。

神保町散策に付き合ってくれた時に買った、寺山修司詩集。

Bの寮に泊まりに行った時に読んでいた、桜庭一樹『私の男』。

誕生日にプレゼントしてくれた、ハードカバー画集。

Cとの会話に出た、Toscaの脚本。

Dとの口喧嘩の元になった、罪と罰。

このリストはまだまだ続く。

そして、新しい思い出を作ってくれる一冊を待っている。

發表迴響

在下方填入你的資料或按右方圖示以社群網站登入:

WordPress.com 標誌

您的留言將使用 WordPress.com 帳號。 登出 /  變更 )

Google photo

您的留言將使用 Google 帳號。 登出 /  變更 )

Twitter picture

您的留言將使用 Twitter 帳號。 登出 /  變更 )

Facebook照片

您的留言將使用 Facebook 帳號。 登出 /  變更 )

連結到 %s

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.