Re-watch『Ergo Proxy』

Real Mayor

久しぶりに暇の時にちょこちょこ改めて観ました。
Ergo Proxy』(2006)。何年経っても、やはり良作は良作です。
まさかもう六年も経ったか……。


村瀬修功のセンスにはいつも好感触。
初めて知ったのはやはり『Witch Hunter Robin』でした。
今でも主人公の「瀬名Robin」は私の中の「アニ女神」上位ランクに不動の6位くらいかな。
『Ergo Proxy』以来新しい監督作品がないのは極めて残念です。

Vincent Law








ネタバレがあるので、観たことのある人や見ないで知らされても構わない人だけどうぞ:  

Real Mayor とVincent Law。
作られた人間(人類)と神の代理人(の影)が一緒に現実世界と向きあって生きてく。
それは、創造主への復讐でもある。


アダムとイブというより、
人類と堕天使が最終的に分かち合い、一緒に人間らしく生き、歩もう、という神への反撃であろう。
つまり、天國への憧れはなし、戻って消滅されたいわけではなく、
罰と愛を受け入れ、大地を自らの足で生きていくこと。
人間性と感情を受け入れ、機械でもない、天使でもない者として戦うこと。
良好市民になりたい一心だから、機械扱いされちゃうんだ。
自分から逃げたいから、何も分からないまま過ごすんだ。
それを気づいて旅を立つ時こそ、「始まりの鼓動」だ。


結局、本当の敵はいつも自分で過ぎない。

我思う故に汝あり


そういえば、このアニメの中に出てるこの台詞で、
久しぶりに哲学の書物を読んでないが、ふとバークリーの独我論を思い出しました。
うん、やはり読みたいな…。読みたい…読みたい本を読みたい。



よく海外で名作とされる作品はやはり哲学的、心理学的、リアル的でないとね。

SFなのに、バカ学園劇より全然リアル性を感じられる。
それは、人類の本質、人類社会の課題などと真剣に向き合ったからでしょう。

萌え萌え、妄想系、引きこもり系には本当に飽きました。
近年は本当に『攻殻機動隊』『Ergo Proxy』みたいな作品がない。

なぜなのか?

もちろん気楽に観れる作品も面白いアイデアや教えはある。
あるはあるが……何か足りない。
近年に、一番シリアスなアニメ作品は一体どこにあるでしょうか?

私は今、『Lupin the third ~峰不二子という女~』と『坂道のアポロン』だけを心から本当に楽しんで観れます。
まあ、『アクセル・ワールド』もまあまあ面白いですが、ヲタ的な妄想はもう氾濫しすぎるから、大概にしてください。

Re-watch『Ergo Proxy』 有 “ 5 則迴響 ”

  1. 這部我當初很喜歡噎!特別是女主角的眼影wwww
    不過劇情我忘得差不多了(高中時看的wwwww
    現在只記得op和ed~

  2. 2006年時我剛上大學不久www
    唉呦你個小屁孩(大誤

    話說覺得我新BLOG介面怎麼樣?
    跑起來順不順?快不快?

  3. 這部我當初很喜歡噎!特別是女主角的眼影wwww 不過劇情我忘得差不多了(高中時看的wwwww 現在只記得op和ed~

  4. 2006年時我剛上大學不久www 唉呦你個小屁孩(大誤話說覺得我新BLOG介面怎麼樣? 跑起來順不順?快不快?5/15

發表迴響

在下方填入你的資料或按右方圖示以社群網站登入:

WordPress.com 標誌

您的留言將使用 WordPress.com 帳號。 登出 /  變更 )

Google photo

您的留言將使用 Google 帳號。 登出 /  變更 )

Twitter picture

您的留言將使用 Twitter 帳號。 登出 /  變更 )

Facebook照片

您的留言將使用 Facebook 帳號。 登出 /  變更 )

連結到 %s

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.