武士道シックスティーン

名称:武士道シックスティーン

http://www.imdb.com/title/tt1603273/
http://pia-eigaseikatsu.jp/title/152305/

成海璃子、北乃きい 主演

日本舞踊から剣道に転向した「柔」の早苗、剣道エリートの「剛」の香織。2人は中学最後の横浜市民大会で戦うが、早苗が香織に勝ってしまうところから物語が始まる。この因縁の2人が一緒の高校になり、敗れた悔しさを忘れない香織と、そんなことは既に忘れている早苗が切磋琢磨しながらお互い成長するストーリー。

_________

私のレビュー:

とても面白かった。やっぱ俺は青春物語が好きですわ。 
特に武士道、武術にずっと憧れてるので、こういうテーマはぐっと来ますね。
非常有趣,我果然是很喜歡青春物語的。
加上我本來就一直很憧憬武士道與武術,這種題材就是會讓我有FU。

って、映画はなかなかよかった。
次は原作三冊を読もうと思ってたりするくらいよかったのですわ。
我覺得電影做得挺不錯的。
甚至會讓我想去看那三本原作。

北乃きいが仕上げた早苗はとてもいいと思う。
表情とスタイルとか、柔って感じがしっくり。でも強く意思を主張する時も、その強さは顔に出る。(ライフか?w)
そして成海璃子の顔つきも香織のイメージにぴったり。
演技はともかく、この二人は今この世代の女優においてうまいといえる二人だと思います。
我覺得北乃演繹的早苗很不錯,
像是表情或身材,都給人柔的感覺。但當他要表現自我主張時,內心堅韌的部分也會顯露出來。(Life嗎?w)
至於成海的長相也很符合香織給人的印象,
先不管演技如何……但基本上,這兩位我覺得算是最近世代的女演員裡算很不錯的兩人了。

武術に賭ける女の子はやはり素敵だわ〜〜
友情も…青臭くても、心に響くわ。
いえ、青臭いこそ、心に響くかもしれない。
為武術奉獻的女生真是太贊了~~
還有友情也是…就算顯得有點青澀幼稚,還是會讓人有共鳴。
不,不如說正因為青澀稚嫩,所以才會讓人產生共鳴也說不定。


脚本に関しては
關於腳本

ドロドロな人間関係、恋愛、友情とかを見るのも嫌いじゃないが…
映画やドラマを見るにはいつも同じタイプじゃダメなんだよね。
そんなことばっかり言って、ああいうこそ社会的だと思い込む人ほど、
つまらない人間になりそうだからだ。
っていうか、ああいう人の現実って、どんだけ狭いよ?
雖然我也不討厭看一些錯綜複雜的人際關係,還有戀愛友情的,
但我想看電影或電視劇總是挑同樣的類型是不行的。
越是老只挑那些,覺得那樣才符合社會化或是真實世界的人,
越是容易變成無趣無聊的人。
應該說,那種人的現實也未免太狹隘了。

やりたい事に一筋って感じがイイ。
そもそも、最初は成海璃子の演じた香織っていうキャラを嫌う他の部員とか
みんな本気で剣術に一心、自分を強くしたいのなら、
ドロドロにならなくてもおかしくはない。
でないと、「武士道」の三文字を付ける必要もない作品になる。
完全專注在想做的事情上的感覺非常好。
再說,要是那些一開始討厭香織這個角色的其他社員,
如果大家也都是真心投注在劍道上,想要讓自己變強的話,
戲劇不會發展成糊爛的人際糾結或心機劇也是正常的。
不然,這部作品根本沒必要取上「武士道」三個字。

この映画みたいに、現代において、現実的にはちょっとありえない感じこそ、
そのまっすぐな、自分を磨けようとする、お互いに精進を励む心こそ、
見ていて楽しい。
像這部電影一樣,正因為有些看起來是在現代與現實上很難得的部分,
正因為充滿了只是單純筆直的,想要磨練自己,彼此進步的心態,
看起來才會有趣。

というより、
不如說

初心を取り戻させられる作品にさえ思える。
這作品甚至讓人有種找回初衷的衝動。

厳しいや好みにこだわり過ぎるレビューはたぶん必要、ない。
我想一些太過嚴苛或是糾結在自己喜好上的評論,實在是挺沒必要的。

 

というのは、ある人達のレビューを見たから、
こういう感想になりました。
我會這麼說,就是因為看到某些人的感想,才有這種感受的。

發表迴響

在下方填入你的資料或按右方圖示以社群網站登入:

WordPress.com 標誌

您的留言將使用 WordPress.com 帳號。 登出 /  變更 )

Google photo

您的留言將使用 Google 帳號。 登出 /  變更 )

Twitter picture

您的留言將使用 Twitter 帳號。 登出 /  變更 )

Facebook照片

您的留言將使用 Facebook 帳號。 登出 /  變更 )

連結到 %s

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.