ボギーポップは笑わないのOP/ED

夕立ち

作詞/作曲/編曲/歌:スガシカオ

その日午後から日暮れにかけて
かるい夕立ちが通り過ぎた
そして僕らは海の近く
濡れたアスファルトを走った

那天午後到日落之時
細小的午後雷陣雨通過
然後我們靠近海邊
跑過濡溼的瀝青

つぶれた薄暗い貸し倉庫のかげで
しばらく空を見上げて雨を凌いだ(しのいだ)

在毀壞灰色的寄物倉庫的陰影下
暫時望向天空 越過烏雲細雨

不意に 君が口ずさむ 僕は聞いてる
聞き覚えのないメロディー
もう 消えてしまうくらい 小さな声で
やがて途切れてしまう

不經意地 你吹起口哨 我在聽著
那未曾記住的旋律
就像已經消失了一般 細小的聲音
不久便中斷了

帰り 都内へ向かう道は
ひどい渋滞が続いた
二人でどんなことを話したかは
おそらく君も覚えてないだろう

歸去 向著城市的道路
嚴重的交通阻塞持續著
兩人到底說了些什麼話呢?
恐怕你也不記得吧?

ラジオで 知らない人の悲しいニュースと
誰かの つまらないバラードが流れた

廣播播放了 陌生人的悲傷新聞和
誰的 無聊甜膩的流行歌

不意に 君が口ずさむ 僕の知らない歌
たよりなく流れてく
いつも 話しかけようとして 言葉を探すと
それは途切れてしまう

不經意地 你吹起口哨 我未聽過的歌曲
沒有理由的流洩著
總是 想和你搭話 思索著詞語
便中斷了

不意に 君が口ずさむ 僕は聞いている
メロディーは 覚えていない
そうして 失ってしまうもの 守りきれるもの
ほんの少しの違い…

不經意地 你吹起口哨 我在聽著
旋律 並不記得
然後 已失去的事物 守護至今的事物
只有一點點的不同…

不意に 君が口ずさむ 僕は聞いてる
聞き覚えのないメロディー
もう 消えてしまうくらい 小さな声で
やがて途切れてしまう

不經意地 你吹起口哨 我在聽著
那未曾記住的旋律
就像已經消失了一般 細小的聲音
不久便中斷了

++++++++++++++++++++++

未来世紀(秘)クラブ

作詞:杏子 作曲:杏子/馬場一嘉
編曲:未来世紀プロジェクト
歌:杏子

この先の路地裏を曲がった影が
誘ってる 呼んでいる 秘密のクラブ

原色のショー・ウィンドウ化石が笑う
絶滅の 謎を解く 男と女

6500万年の彼方 生命は何を見たんだ

*愛情が この頃ちょっとスネている
ままならない KISSだって
抱かれて 揺れて 感じない
単純なコトなのに やりきてない夜

この地球(ほし)のはしっこで見上げる太陽
沈まない 終わらない 落日の夢

地層には眠っている 歴史の絵巻
図鑑にも 載ってない 不思議な形態(フォルム)

未来世紀が近づいている ふたりは何処へ行くんだ

**細胞が 必ずきっと覚えてる
ときめきの メカニズム
ふたりの 距離を 縮めたい
待つだけの 為体(ていたらく) 飛び越えたい夜

未来世紀が近づいている ふたりは何処へ行くんだ


因為我比較喜歡第一首夕立ち的歌詞
所以說…只翻那首的(笑)

終於 讓我拿到ボギーポップは笑わない的動畫全套了
太好了(大哭)
之前只有1~5的AVI 這次可是rmvb呢
終於可以把它燒起來了

感謝 小西 和 雪涼

發表迴響

在下方填入你的資料或按右方圖示以社群網站登入:

WordPress.com 標誌

您的留言將使用 WordPress.com 帳號。 登出 /  變更 )

Google photo

您的留言將使用 Google 帳號。 登出 /  變更 )

Twitter picture

您的留言將使用 Twitter 帳號。 登出 /  變更 )

Facebook照片

您的留言將使用 Facebook 帳號。 登出 /  變更 )

連結到 %s

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.