ゴンドラの唄

ゴンドラの唄

1.いのちみじかし 恋せよおとめ
  あかきくちびる あせぬまに
  熱き血潮の 冷えぬまに
  あすの月日の ないものを

生命苦短 戀愛吧少女
在鮮紅嘴唇 褪色之前
在炙熱血潮 冷卻之前
沒有多少未來 歲月啊

2.いのちみじかし 恋せよおとめ
  いざ手をとりて かの舟に
  いざ燃ゆるほほを 君がほほに
  ここには誰も 来ぬものを

生命苦短 戀愛吧少女
來吧 牽起手 在他的舟上
來吧對著炙熱面頰 你的面頰上…
這裡不會有任何人來的啊

3.いのちみじかし 恋せよおとめ
  波にただよう 舟のように
  君が柔手(やわて)をわが肩に
  ここには人目の ないものを

生命苦短 戀愛吧少女
在海波裡漂蕩 有如在浮舟上
你柔軟的手在我的肩上…
這裡沒有別人的啊

4.いのちみじかし 恋せよおとめ
  黒髪のいろ あせぬまに
  心のほのお 消えぬ間に
  きょうはふたたび 来ぬものを

生命苦短 戀愛吧少女
在黑髮顏色 褪去之前
在內心火焰 消失之前
今日不會再來的啊

++++++++++++

1914年、芸術座「その前夜(ツルゲーネフ)」主題歌。黒澤明監督「生きる」にも出てきます。(Iwakichsky)

作詞の吉井勇の処女作は「情痴歌集」という、明るく健康的をモットーとするうたごえとは全く正反対のモンでした。(エーちゃんは個人的には、そっちの方にも多少−いや結構興味はあるんですがね、ヘっへっへっへっへ〜)与謝野鉄幹に師事して、多少はまともになったのかな?
作曲の中山晋平は、カチューシャの歌で有名になり、このゴンドラでは、出版装丁が竹久夢二。当時としちゃあ、豪勢だったもんです。東京音頭が一番なじみかな。♪踊りお〜どるな〜ら〜ちょいと...ヤクルトのテーマソングになっちゃってますがね。

ゴンドラgondolaって云えば、ベニス。そういえば、ロープーウエーもゴンドラって云うよね。
そもそも、舟歌っていうと、語源的にはバルカロールといい、ベネチアのゴンドラの船頭が舟をこぎながら歌った歌をさすらしいです。酒はヌル目で、炙ったスルメがいい〜というのが舟歌じゃないんですね。

http://utagoekissa.web.infoseek.co.jp/gondora.html

+++++++++++++
+++++++++++++

感想:

これは今に読んでいる『ブギーポップは笑わない』の中に
紙木城直子(第一段)と新刻敬(第四段、霧間凪が口笛を吹いた)と歌った歌詞の出処です。
わたしもこの歌詞がとても好きだよ!
多分、その二人は親友ですから、同じ歌が覚えているそうだ。
読んだ後残っているのは無限な感傷でした。
『ブギーポップ』やっぱりはいい作品ですよね。
それをきっかけにとして、ブギーポップのシリーズを全部読んでみたいな〜
アニメ作品を集まらないことは非常に残念だけど、
やはりアニメを見切る前に小説を読む方が良かった。
うん〜第一段と第四段やっぱり他よりいいと思います。

+++++++++++++

http://www.sakushi.com/contents/gondola.htm

 黒沢 明監督の映画 「生きる」 のなかで、志村 喬扮する一市役所の市民課長が、この歌を幸せそうに歌うシーンがありました。
 彼、渡辺勘治は、30年間無欠勤という模範的な役人だったのですが、ある日、自分が胃ガンで余命幾ばくもないことを知らされます。 早くに死に別れた妻との間にできた息子にも冷たくされ、絶望と孤独に陥った彼は、街へさまよい出て、飲みなれない酒を飲むのです。 ああ、自分の人生はいったい何だったのか?・・・。  かれは生きることの意味を考えはじめ、人生の最後の時間に、ほんの少しでも市民の役に立つことをしようと考えはじめます。
 住民の要望を死にものぐるいで実現し、かれの努力により児童公園が完成します。 そして小雪の舞う夜、完成したばかりの公園のブランコに揺られながら、彼はこの『ゴンドラの唄』を楽しげに歌うのです・・・・

發表迴響

在下方填入你的資料或按右方圖示以社群網站登入:

WordPress.com 標誌

您的留言將使用 WordPress.com 帳號。 登出 /  變更 )

Google photo

您的留言將使用 Google 帳號。 登出 /  變更 )

Twitter picture

您的留言將使用 Twitter 帳號。 登出 /  變更 )

Facebook照片

您的留言將使用 Facebook 帳號。 登出 /  變更 )

連結到 %s

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.