「Blood the last vampire 上海哀儚」藤咲淳一

—–Amazon.co.jpで、本の関連資料——

文庫: 246ページ
出版社: 角川書店 (2005/12)
おすすめ度:

http://www.amazon.co.jp/%4e0a%6d77%54c0%511a%2015BLOOD-LAST-VAMPIRE/dp/4043809018/sr=8-1/qid=1156850500/ref=sr_1_1/503-9645361-4673514?ie=UTF8&s=gateway

++++私が認める一部の評判——

Amazon.co.jpに、書かれた評判をまとめて、
大体、主人公のイメージが薄くなって、
さらに、第二次世界大戦を背景として、
ホラーな元設定にちょっと離れたことを感じた。
というわけで、評判がままなところを上回りなった。
で、数多い読者が「違ったBloodを味わうも楽しいだ。」と、を心得るようだ。

”BLOOD小説の中で、一番良かったです。”
だしかにこれはBloodシリーズの小説の中で、
一番好評をもらう作品ですね。

+++++

————————————

では、これからは私の感想です。
まず、私に報告させていただきます。(中国語で)

旅行因為太無聊一口氣看了幾本書
先讓我分享一下這本吧
從拿到手後一直沒時間讀的~

++++++++++++++++++++++++++

私のすすめる点数。(ピックは五点)

キャラ:***
ホラー:*
時空設定:****
(世界観・場面調度も含まれた)
シナリオ:***
文体:****

総合的な得点は♥♥♥

(以上の評判は読者としての私自身の感じだけ。)

+++++++++++++++++++++++++

実は読んだあと、感想とか全然出なかった。
でも最後「影蘭」という主人公が死ぬとき思い出したことには、
私を少し感動させました。

「体から流れ出る赤い河は、海へと流れ、遠い思い出の土へとその心を誘っていくのだろうか。
目を閉じると、黄褐色に濁った河の水と、埃の混じった乾いた空気がその脳裏に蘇ってくる。」

私は千年を越えた恋とか、あまり興味がないから、
(なら”神無月の巫女”にはどうだかい?)
そういうことを主に書くものにも感情が込まなさそうだ。

しかし、第二次世界大戦時期の上海と
1989年代の日本での中国街と相まって作られた文章の構造は、
やはり良い箇所と思わない?
最後の句は私にはこの世界で歴史の流れが絶えずに生きている中国を感じ取る。
長江は私たちを育てる河川の一つとして、
その”黄褐色に濁った河の水と埃の混じった乾いた空気”の句が
まるで、忘れられないように書かれておいた。

一人きりでこの世で生きているのは、
本当に寂しいことよね。

だから、この最後のシーンがよかったと思います。

+++++++++++++++++++++
+++++++++++++++++++++

我想以後讀書感想文 就類似這樣打吧?
日文書打日文 中文書打中文?

「Blood the last vampire 上海哀儚」藤咲淳一 有 “ 2 則迴響 ”

  1. いいえ、<br />
    精確的に言えばこの作品の主人公はサヤじゃなくて、<br />
    「影蘭=不枯蘭」と呼ばれた中国で生まれた中国人の鬼は<br />
    この物語の主人公だ。<br />
    サヤはただ配役と言う方が正しいかも。

發表迴響

在下方填入你的資料或按右方圖示以社群網站登入:

WordPress.com 標誌

您的留言將使用 WordPress.com 帳號。 登出 /  變更 )

Google photo

您的留言將使用 Google 帳號。 登出 /  變更 )

Twitter picture

您的留言將使用 Twitter 帳號。 登出 /  變更 )

Facebook照片

您的留言將使用 Facebook 帳號。 登出 /  變更 )

連結到 %s

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.