雪、無音、窓辺に

涼みやハルヒキャラCD
長門有希
「雪、無音、窓辺に」
作詞:畑亜貴 作曲:田代智一 編曲:上松範康
唄:長門有希(C.V.茅原実里)

音もない世界に
舞い降りた I was snow

何かが壊れた 何かが生まれる
繰り返し無駄な事さえ
やめない人たち 不思議な人たち
眺める私も含まれた

ほどけない問題など ありはしないと
知ってても 複雑な階段が物語創っていく

私にもただ一つの 願望が持てるなら
記憶の中 最初からを本にして窓辺で読む
ページには赤い印 現れて踊り出す
つられそうだと思うなんて どうかしてるけれど
禁じられたワードを 呟けば最後…

どこかへ逃げるの どこにも逃げない
それだけで価値ある意識
めげない人たち 優しい人たち
動かされた私の未来

流れ出す強い力 幸せ呼ぶと
気が付いた そのままで必要な物語印されたら

存在が変わるほどの 夢を持ってみたくなる
感情へと共感へと 繋がれば窓辺に立ち
静けさに抱かれながら まだ今日も待っている
緩やかに降る 水じゃなくてもっと寂しい粒

色がない世界で
見つけたの You are star

存在が変わるほどの 夢を持ってみたくなる
感情へと共感へと 繋がれば窓辺に立ち
静けさに抱かれながら まだ今日も待っている
緩やかに降る 水じゃなくてもっと寂しい粒

音もない世界に
舞い降りた I was snow

++++++++++++++++++
++++++++++++++++++

無聲的世界裡
飛舞降下 I was sonw

有什麼壞了 有什麼產生了
連重複且無用的事情
都不停止的人們 不可思議的人們
眺望著的我也算在其中

解不開的問題等 是不存在的
雖然知道 複雜的程度卻創造著故事

如果說連我也持有一個願望
記憶裡 自始就是拿著書在窗邊讀著
紙頁裡的紅色印記 浮現舞出
雖覺要受影響了之類的 正在同化 但是
如果低語著禁制的話語 最後….

要逃嗎? 哪裡都逃不了
光是如此就有價值的意識
不認輸的人們 溫柔的人們
被牽動的我的未來

流洩的強大力量 在呼喚幸福
注意到了 就這樣 如果必要的故事被標示

想嘗試抱持著 有著改變存在程度的夢
通往情感和通往共感 能聯繫的話 在窗邊站立
靜靜的被抱緊同時 今天也還在等待
緩慢的降落 不是水而是更加寂寞的顆粒

沒有色彩的世界裡
發現的 You are star

想嘗試抱持著 改變存在程度的夢
通往情感與共感 能聯繫的話 在窗邊站立
靜靜的被抱緊同時 今天也還在等待
緩慢的降落 不是水而是更加寂寞的顆粒

無聲的世界裡
飛舞降下 I was sonw

+++++++
+++++++

這首歌詞翻成中文其實很怪(笑)
希望看得懂得自己體會吧
我喜歡這首
滿有趣的
不愧是涼みやハルヒ裡的一番大萌え神!

我剛剛才看到 我完完全全的看錯了一句 好恐怖

發表迴響

在下方填入你的資料或按右方圖示以社群網站登入:

WordPress.com 標誌

您的留言將使用 WordPress.com 帳號。 登出 /  變更 )

Google photo

您的留言將使用 Google 帳號。 登出 /  變更 )

Twitter picture

您的留言將使用 Twitter 帳號。 登出 /  變更 )

Facebook照片

您的留言將使用 Facebook 帳號。 登出 /  變更 )

連結到 %s

This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.